豊胸手術口コミ.net | 豊胸手術クリニックの 体験口コミランキングサイト

 豊胸手術後の授乳について

豊胸手術後の授乳について

豊胸手術を行った女性が最も抜去を考えたり、豊胸について後悔するようになったりするのが子供を授かってから行う授乳の時です。
赤ちゃんを授かると女性は体のホルモンバランスが増加しバストが大きくなったり、様々な体の変化があったりし、赤ちゃんの成長に合わせて豊胸手術を行った不安に襲われてしまうということも少なくありません。特に最近では赤ちゃんを母乳で育てようという傾向にあり、また母乳からは赤ちゃんを守るために必要な免疫力などの栄養素が含まれているのでとても悩む女性も多いようです。
豊胸手術を行っていると母親教室などの授乳講座なども疑問や不安に思うことが増えたりしますよね。そんな不安をかき消すためにもしっかりと豊胸手術後の授乳について知っておく必要があります。

豊胸手術を行っても授乳は行える!

結論から言うと豊胸手術を行っていても授乳は問題なく行えます。それはバッグ挿入豊胸手術であってもヒアルロン酸注入豊胸手術であっても、脂肪注入豊胸手術であっても同じことです。
豊胸手術では医師が乳腺組織を一切傷つけないように細心の注意を払いながら手術を行っていきます。これはバストを専門に扱う医師であれば当然のことで、女性としての機能を保護するためにも大事なことです。
豊胸手術の中でも特にバッグ挿入豊胸手術を受けた人は不安になる傾向にありますが、豊胸バッグを挿入する箇所は乳腺組織の下や大胸筋の下などで、直接入選を遮ってしまっているわけではないので授乳はできるようになっています。バッグ挿入豊胸手術でもしも万が一、バッグの中身が破損してしまってもバッグの中に含まれている食塩水やシリコンは人体に影響を与えるものではなく、赤ちゃんにも母乳にも影響を与えるものではないので問題はありません。
しかしいくら豊胸手術は授乳に影響がないとわかっても、豊胸手術を行った多くの女性がやはり不安になってしまうようです。精神的不安のほうが赤ちゃんに与える影響や母乳の出を左右することもあるので、医師に相談してみるようにしましょう。

授乳のポイントとなるのは乳腺が傷ついたのかどうかということ

基本的には授乳に絵協がないとされる豊胸手術ですが、手術で乳腺が傷ついてしまった場合では影響が出ることもあります。その点が豊胸のリスクともいえる部分になりますが、豊胸手術によって乳腺組織が傷ついてしまった結果、感染症を引き起こしたり脂肪細胞が破壊されてしまったり、乳腺が炎症を起こしてしまう可能性もあります。そうなると授乳に影響が出ないといえる保証はなくなってしまうので、豊胸手術を行う場合はリスクを十分把握したうえで信頼できるクリニックを探すことが非常に重要になります。

豊胸手術の行いすぎで乳腺が圧迫されてしまうこともある

乳腺が傷ついていない場合でも豊胸をどれくらい行ったのかということが関係して授乳に影響が出ることもあります。
バッグ挿入豊胸手術であまりにも大きなバッグを挿入してしまい、乳腺が圧迫され授乳がしにくくなることがあります。また脂肪注入でも過度な入れすぎが入選を圧迫してしまう可能性も否定できません。
妊娠による女性ホルモン増加で乳腺が膨らみ脂肪やバッグに圧迫されてしまうこともまれにあるので、母乳自体に影響は出ないにしてもある程度は豊胸手術前に想定しておくようにしましょう。
もちろん、母乳の出は豊胸の有無にかかわらず個人差があり生まれ持って乳腺の出が悪い人も多くいます。天然で胸の大きな人であっても母乳の出がよくないということは普通にあることなので、乳腺自体が傷ついていないのであればあまり豊胸手術の影響を深く考えず、ミルクと併用するなど考えるようにすることも大事です。

 豊胸手術のできる美容外科

様々なお悩みを解決する豊富なプラン
プロフェッショナルスタッフが完全サポート
最新の豊胸術でこだわりのバストラインへ!

みんなの口コミ評価
  8.1ポイント
みんなの口コミ評価
avatar
よしこ
よしこ

シリコンとか入れると違和感があるんじゃないかと思っていたんですが、自分の脂肪を入れる方法があると知ってインターネットで調べてピュアグラフトの存在を知りました。
カウンセリングで実際に話を伺うと間違った認識をしていたんだと知りました。
術後1週間くらいは太腿の痛みがちょっとつらかったですが、大きくなった胸を見れば痛みなんか吹っ飛んじゃいます(笑)
下着を買うのが楽しいです!施術してよかったです。