豊胸手術口コミ.net | 豊胸手術クリニックの 体験口コミランキングサイト

 豊胸手術をする前にリスクを知ろう

豊胸手術をする前にリスクを知ろう

美を追求する人たちが増え、プチ整形やプチ美容なども一般的に広く受け入れられるようになってきました。豊胸手術もまた人気の美容整形の一つで、多くの女性の悩みを解決してくれる糸口として一般化しつつあります。
それでも豊胸手術が自分の想像していた通りのものになるのかと言われれば個人差があり、また天然のものではない以上想像していたものと違うということは起こりうる問題です。リスクを十分把握しないで手術を受けた結果、失敗してしまったということも全く怒らない問題ではありません。
もちろん、実際に豊胸手術を受けた多くの女性が「手術をしてよかった」と自分のコンプレックスを解消しているのも事実です。安全性が高くなったとはいえそれでもまださまざまなトラブルが起こりうる豊胸手術のリスクについて把握しておくことは非常に大事なことです。

豊胸手術のリスクで多いバッグ挿入後の不自然さ

豊胸手術で多いのがシリコンバッグと言われる特殊な素材を挿入する手術です。体の中に異物を入れることで体の拒否反応が起こり、挿入したバッグに対して皮膜を作り固く拘縮させていくということが起こることがあります。この拘縮が起こることでバストが硬くなったり、バストの形が不自然になったりするリスクがあります。またバッグが移動して左右のバランスが悪くなったり、バッグ自体がバスト内部で破裂したり潰れてしまうこともあります。これらの症状は体質によるものが多く医師の腕によってはバッグ挿入方法を変えることで解決できるリスクでもあります。
またバッグそのものによるリスクではなく、バッグを挿入する医師の技術不足が招いてしまうリスクもあります。シリコンバッグ挿入手術の場合、医師の腕によるところが非常に大きくなるので医師の技術不足から手術後に出血がたまり血腫と言われるものができてしまうこともあります。血腫ができてしまった場合、出血を抜く治療が必要になります。

脂肪注入豊胸手術ではしこりが残るリスクあり

脂肪注入豊胸手術はシリコンバッグを挿入するよりもリスクが少ないとして人気の高い豊胸手術です。しかし、脂肪注入手術でも全くリスクがないわけではありません。
脂肪注入手術は体の脂肪が多くついている部位から脂肪を取り、注射によって注入していく手術になるので体への負担が少ないのが特徴です。また異物ではなくもともと体についていたものを挿入するので体が拒否反応を示すこともほとんどありません。
しかし、脂肪注入豊胸手術では1サイズくらいしか大きくならず、満足が得にくいという点があります。
また吸引した脂肪をそのまま注入したり、一か所にたくさんの脂肪を入れすぎたりすることでしこりができてしまうことがあります。このしこりは脂肪が石灰化してしまうことでできてしまうもので、石灰化した脂肪は乳がんとの区別がつきにくいことでも知られています。
もちろん、吸引した脂肪を遠心分離器にかけて上質な脂肪だけを選りすぐって使用すればこのようなリスクは避けられます。

豊胸手術を行うと乳がん検診が受けられなくなる?

豊胸手術ではさまざまなリスクが起こる可能性があり、いい医師選びとクリニック選びが非常に大事になってきます。
豊胸手術を行う上でのリスクはそれぞれの手術内容によるものだけでなく、女性にとっては大事な乳がん検診にもかかわってきます。
乳がん検診ではレントゲン検査やマンモグラフィー検査などを受けますが、マンモグラフィー検査はバストをかなり圧迫する検査になるので一般の病院や健康診断会場では豊胸手術をした人の乳がん検診を断るところもあります。
もちろん、豊胸手術をすることによって乳がん検診を受けられなくなるというわけではないのですが、受診させてくれる病院などは減ってしまう可能性があります。豊胸手術を行ったクリニックなどで乳がん検診を受けさせてくれるところもありますが、事前にそういったリスクについても考えておくことが必要です。

 豊胸手術のできる美容外科

様々なお悩みを解決する豊富なプラン
プロフェッショナルスタッフが完全サポート
最新の豊胸術でこだわりのバストラインへ!

みんなの口コミ評価
  8.1ポイント
みんなの口コミ評価
avatar
よしこ
よしこ

シリコンとか入れると違和感があるんじゃないかと思っていたんですが、自分の脂肪を入れる方法があると知ってインターネットで調べてピュアグラフトの存在を知りました。
カウンセリングで実際に話を伺うと間違った認識をしていたんだと知りました。
術後1週間くらいは太腿の痛みがちょっとつらかったですが、大きくなった胸を見れば痛みなんか吹っ飛んじゃいます(笑)
下着を買うのが楽しいです!施術してよかったです。