豊胸手術口コミ.net | 豊胸手術クリニックの 体験口コミランキングサイト

 豊胸手術の方法っていくつあるの?

皆さんは豊胸の方法を聞かれると何が思い浮かびますか?
クリニックでの豊胸手術、サプリメント、マッサージ等色々な方法が思い浮かぶと思います。
今回はその中でクリニックでの豊胸施術の方法をピックアップし、どんな施術方法があり、その施術はどこのクリニックがオススメなのかをご紹介致します。

脂肪注入

最近主流になっているのはこの脂肪注入法です。
脂肪注入のメリット、デメリットは以下になります。

脂肪注入法のメリット

  • 見た目、触感が自然である
  • 自分の細胞なので異物感が無い
  • 傷が小さくて済む
  • バストアップしながら瘦身することができる
  • 左右差の調整が可能

脂肪注入法のデメリット

  • 余っている脂肪がない場合はできない
  • 一度の手術でだせるボリュームに限界がある
  • 脂肪が固まりしこりになってしまう危険性がある
  • 施術を受けられるクリニックが少ない
  • 施術後のダウンタイムが長い

脂肪注入法とは自分の脂肪を吸引しそれを胸に流し込む方法になります。
痩せている人でも行うことができ、自分の脂肪を体に注入するので安心感があると思いますが、上記にのようなデメリットもありますので、注意が必要です。この脂肪注入という施術方法には担当医師の技術力が大事になってきます。技術力の無い医師が施術を行うと、しこりになってしまったりするので腕の良い医師のいるクリニックを選ぶことが重要です。以下がオススメのクリニックになりますので、クリニック選びの参考にしてみてください。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入法は胸にメスを入れるのに抵抗がある人や、手軽にバストアップをしたい方にオススメのバストアップ方法です。
メリットとデメリットは以下になります。

ヒアルロン酸注入のメリット

  • 自由にバストのデザインができる
  • 注入量を自由に設定できる
  • 必要な時に溶解することができる
  • 施術後のダウンタイムが短い

ヒアルロン酸注入のデメリット

  • いずれ吸収されてしまう
  • 若干の硬さがある

脂肪注入、シリコンバックと比べてリスクは少なく、お値段もお手頃なので、比較的手を出しやすい豊胸施術と言えるでしょう。
持続性はいらないから、取り敢えず豊胸手術を行いたい人に向いている施術方法です。
以下がヒアルロン酸注入施術のおすすめクリニックです。

シリコンパック

シリコンパックは永続的に、ボリューミィーにバストアップしたい方におすすめの施術方法と言えます。
以下がヒアルロン酸注入施術のメリットとデメリットです。

シリコンバックのメリット

  • ボリュームをだすことに一番優れている
  • 吸収される事が無いため結果が安定している
  • 取り出すことができる

シリコンバック豊胸のデメリット

  • 術後に痛みを感じることがある
  • バックの縁が触れることがある
  • 動きが不自然である
  • レントゲン検査ができない
  • 石灰化などのリスクがある

デメリットに書いてる通り、石灰化等の後遺症等もありますので、施術を行う場合は医師からリスクの説明を聞いて納得して施術を行いましょう。
以下がシリコンパック施術のおすすめクリニックです。

 豊胸手術のできる美容外科

様々なお悩みを解決する豊富なプラン
プロフェッショナルスタッフが完全サポート
最新の豊胸術でこだわりのバストラインへ!

みんなの口コミ評価
  8.1ポイント
みんなの口コミ評価
avatar
よしこ
よしこ

シリコンとか入れると違和感があるんじゃないかと思っていたんですが、自分の脂肪を入れる方法があると知ってインターネットで調べてピュアグラフトの存在を知りました。
カウンセリングで実際に話を伺うと間違った認識をしていたんだと知りました。
術後1週間くらいは太腿の痛みがちょっとつらかったですが、大きくなった胸を見れば痛みなんか吹っ飛んじゃいます(笑)
下着を買うのが楽しいです!施術してよかったです。