豊胸手術口コミ.net | 豊胸手術クリニックの 体験口コミランキングサイト

 脂肪注入豊胸手術の脂肪吸引箇所はどこ?

脂肪注入豊胸手術の脂肪吸引箇所はどこ

脂肪注入豊胸手術のメリットといえば、体から脂肪を吸引できるのでメリハリのある体を豊胸と同時に手に入れられるということがあります。女性であればだれもが憧れるスタイル抜群の体形も一度に作ってしまえるということもあり、脂肪注入豊胸手術はダイエットとしても人気のある方法です。
ただそこで気になってくるのが、体のどの部位から脂肪を吸引するかということです。痩せたい願望も豊胸と同時にある人や痩せ型で脂肪がもともとない人は一度に何カ所も脂肪を取ることができるかどうかやどこから脂肪をかき集めればいいのかなど気になる点ですよね。

豊胸手術で注入される脂肪は体の気になる好きなところから吸引可能

脂肪注入豊胸手術で使用される脂肪は基本的には体の好きな部分、気になる部分から抽出した脂肪を使用します。好きな個所から脂肪をとることができるので、脂肪注入豊胸手術と同時にメリハリのきいた女性の憧れる体形を手に入れることも可能です。
具体的には体の中でも脂肪がつきやすいウエスト回りやヒップ、太もも、ふくらはぎ、二の腕、背中などから脂肪を抽出することができます。
ただしどこのクリニックでも1回の吸引で行うのは1か所と定めているところが多く、脂肪があまりついていないところを選んでしまうと、バストに注入される脂肪量が少なくなってしまい豊胸手術後にあまり変化が感じられないということもあります。
いくら好きな個所から脂肪吸引ができるとはいえ、豊胸手術をメインで考えるのであれば体の中でも最も脂肪が多くついているところから脂肪吸引を行うことをお勧めします。

豊胸手術で使用される脂肪の多くはウエスト回りや太ももから吸引される

脂肪注入による豊胸手術を行う女性の多くが脂肪吸引をウエスト回りや太ももから行っています。ウエスト回りや太ももは体の中でも脂肪がつきやすい部分とされ、豊胸に必要な脂肪を十分確保しやすいということからも選ばれることが多いようです。
どこのクリニックでもカウンセリングの中でどれくらい豊胸をしたいのかという希望を聞きながら、必要な脂肪量というのを決めていき脂肪吸引個所を決めていくようになります。もちろん人によって脂肪が付きやすい箇所やヒップは残して起きないなどの希望は異なりますが、1回の吸引で脂肪が多く取れるウエスト回りや太ももを勧められます。吸引した脂肪はそのまま使用されるわけではなく、精製されてから凝縮されたものが使用されるようになるので1回あたりの吸引量が必要になってきます。

十分に脂肪量が取れないと脂肪注入豊胸では使用できない

豊胸手術を行いたい考える女性は華奢な人が多く、体全体的に脂肪がついていないことがあります。それでも脂肪注入による豊胸手術を行いたいとする場合は費用と時間がかさむことを考慮する必要があります。
どこのクリニックでも基本的には1回の手術で1か所からの吸引を行います。その1回の吸引で十分な脂肪が確保できなかった場合、追加注入という扱いになってしまい別日での手術を行うようになります。
また脂肪があまりついていない場合で太ももの表側から十分に脂肪が吸引できない時には太ももの裏側からも脂肪をとる必要が出てくるので金額もかさんでしまいます。吸引した脂肪自体はすぐに使用しなくても取っておいて後でまとめて使用することも可能ですが、吸引の手術分は数回に分けて行うことになるので医師にしっかり相談することが重要です。
体に脂肪があまりついていない人はいくら安全で馴染みがいい豊胸手術とはいえ、バストが期待通り大きくならないこともあるのでほかの豊胸手術と合わせて考えていくことも大事になります。

 豊胸手術のできる美容外科

様々なお悩みを解決する豊富なプラン
プロフェッショナルスタッフが完全サポート
最新の豊胸術でこだわりのバストラインへ!

みんなの口コミ評価
  8.1ポイント
みんなの口コミ評価
avatar
よしこ
よしこ

シリコンとか入れると違和感があるんじゃないかと思っていたんですが、自分の脂肪を入れる方法があると知ってインターネットで調べてピュアグラフトの存在を知りました。
カウンセリングで実際に話を伺うと間違った認識をしていたんだと知りました。
術後1週間くらいは太腿の痛みがちょっとつらかったですが、大きくなった胸を見れば痛みなんか吹っ飛んじゃいます(笑)
下着を買うのが楽しいです!施術してよかったです。