豊胸手術口コミ.net | 豊胸手術クリニックの 体験口コミランキングサイト

 授乳後の垂れた胸を豊胸手術でバストアップ

授乳後の垂れた胸を豊胸手術でバストアップ

授乳後の垂れてしまった胸は豊胸手術を利用してバストアップしましょう。卒乳後の胸の崩れは多くのママたちの悩みのタネになっていて、セルフケアだけで改善するのは難しいものです。そこで豊胸手術を検討してみてはいかがでしょうか。ここでは授乳後に胸が垂れてしまう理由や豊胸手術を勧める理由をまとめてみました。

なぜ授乳後に胸が垂れてしまうの?

授乳後にバストが垂れてしまう理由はバストがしぼんでしまうからです。授乳中は女性ホルモンの分泌によって乳腺が発達するためボリュームが出ますが、授乳後は女性ホルモンの分泌が低下し乳腺の発達が弱まってしまうので小さくなってしまいます。

同時に乳腺を保護するためについていた脂肪も役割を終えるとしぼんでしまい、伸びた皮膚によって垂れてしまいます。このように乳腺と脂肪がしぼんでしまうことが授乳後に胸が垂れてしまう原因を作っているのです。

ニーズに合わせて豊胸手術でバストアップしましょう

卒乳後バストが垂れてしまうとガッカリしてしまいますが、考え方を変えてみれば十分に皮膚が伸び、ゆとりがある状態なので豊胸手術のチャンスです。授乳中は1・2カップ程度サイズアップする人がほとんどなので、しぼんだ分で空いてしまったスキマを利用してボリュームを与えられます。

ではどのような豊胸手術が産後のバストアップに最適かというとヒアルロン酸注射・シリコンバック・脂肪注入とどれでもOKです。自分がなりたい胸を選びましょう。子育て中の場合は赤ちゃんを抱っこすることを考えると、ヒアルロン酸や脂肪注入など痛みやダウンタイムの少ない方法がおすすめですよ。

もし劇的にバストアップさせたいのなら子供がある程度大きくなってからシリコンバックの豊胸手術を検討してもいいでしょう。2サイズアップも夢ではないので大きくアップさせたい方にはおすすめですよ。

脂肪注入法は授乳後に最適な豊胸手術です

出産を経るとバストへの血流がアップします。すると脂肪注入したときに通常は吸収されにくい脂肪の吸収力がアップしてつきがよくなります。よって脂肪注入法をするのに最適な状態だと言えるでしょう。また皮膚がよく伸びているため大きくサイズアップできる可能性があるのも魅力ですね。

サイズアップのためにシリコンバックを使ってもいいのですが、産後のバストの形が崩れてしまうため不自然な形になってしまうことがあります。その点脂肪注入法では下垂し痩せてしまいがちなデコルテなど足りないところへも注入できるので、形よくバストアップすることが可能ですよ。

特に産後はバストがしぼむだけでなく、垂れてしまうことを考えて豊胸手術を選ばなければ美しく仕上がりません。必要なところに必要なだけふくらみを補える脂肪注入は産後に最適なバストアップと言えるでしょう。

あまりにも垂れてしまった場合は乳輪と乳頭の移動が最適

あまりにも胸が垂れてしまった場合は豊胸手術だけでは美しく整えられないことがあります。乳輪と乳首が地面に向かって垂れ下がってしまった場合は乳輪と乳頭を移動させたり、サイズを小さくしてバストアップさせたように見せかける手術が最適でしょう。

大きなサイズのバストが原因で垂れ下がってしまっている場合は、ボリュームを与える必要はなく、乳輪と乳頭の位置を変えることで美しい上向きバストに仕上がりますよ。ダウンタイムがあるので授乳後落ち着いたらクリニックで相談してみましょう。

どうしても授乳後はバストが垂れてしまいます。大きいバストは下向きに、小さい場合はしぼんでしまい、より一層サイズダウンしてしまうでしょう。そのようなときにはクリニックでの豊胸手術が最適なので、子育ての様子を見ながら希望であれば相談してみましょう。

 豊胸手術のできる美容外科

様々なお悩みを解決する豊富なプラン
プロフェッショナルスタッフが完全サポート
最新の豊胸術でこだわりのバストラインへ!

みんなの口コミ評価
  8.1ポイント
みんなの口コミ評価
avatar
よしこ
よしこ

シリコンとか入れると違和感があるんじゃないかと思っていたんですが、自分の脂肪を入れる方法があると知ってインターネットで調べてピュアグラフトの存在を知りました。
カウンセリングで実際に話を伺うと間違った認識をしていたんだと知りました。
術後1週間くらいは太腿の痛みがちょっとつらかったですが、大きくなった胸を見れば痛みなんか吹っ飛んじゃいます(笑)
下着を買うのが楽しいです!施術してよかったです。