豊胸手術口コミ.net | 豊胸手術クリニックの 体験口コミランキングサイト

 バッグ挿入豊胸手術の術後の痛み

バッグ挿入豊胸手術の術後の痛み

バッグ挿入による豊胸手術は確実に胸を大きくすることができるというメリットがありますが、ほかの豊胸手術と違い術後に痛みが伴うことが多いとされています。
女性であれば生理前などに胸が張るといった感覚がある人もいるかもしれませんが、原理は似たようなもので今までバランスを保てていたバストが急に膨らみほかの組織が引っ張られたり、抑えたりしようとするので痛みが発生するようになります。
もちろん、ずっと痛みが続くわけではありませんがどのくらいの期間で痛みが治まるかは豊胸の具合や個人差があり一概に言えるものではありません。

バッグ挿入豊胸手術後に来る痛み

バッグ挿入による豊胸手術は、豊胸手術の中でも最も痛みの強い手術法と言われています。もちろん感じ方は人それぞれですが、2カップも3カップも大きくすることができる手術になるのでそれなりにリスクも伴うというわけです。
痛みの種類としては、「ズキズキと刺すような痛み」という人もいれば、「ヒリヒリと引きつるような痛み」と表現する人、「電気が走るような痛み」という人などもいます。
クリニックなどでは痛み止めを処方してくれますが、痛み止めが切れると夜も眠れないという人もいたり、横になると痛いという人もいたりして日常生活の中で支障をきたすことも多いようです。

バッグ挿入豊胸手術の痛みのピーク

バッグ挿入豊胸による痛みは確かに強いものですが、痛み止めを飲んでいればそれほど痛みを感じるものでもありません。基本的にクリニックなどでは1週間から2週間分の痛み止めを処方してくれます。
痛みのピークは手術方法やバッグの大きさでも違ってきますが、3日から5日と言われています。もちろん、痛みがそれ以上続く人もいれば、痛み止めを全く飲まなくて済む人もいるので個人差があるものにはなってしまいます。

バッグをどこに挿入するかで変わってくる痛みの違い

バッグ挿入豊胸手術は基本的に2つの方法があるとされています。
一つは大胸筋下法といわれる方法で、大胸筋の下にバッグを挿入していく手術です。大胸筋下法の場合、筋肉を動かして下にバッグを挿入していくので非常に痛みが伴うことがあり、短い人は2週間程度、長い人では半年以上も痛みを感じることもあります。
もう一つは乳腺下法といわれる方法で、乳腺の下にバッグを挿入していく方法です。乳腺はもともと筋肉よりも柔らかいので、大胸筋下法に比べれば痛みは少なくなります。それでも、短い人で4日前後、長い人で2週間程度は痛みが続くこともあります。
バストをどれだけ大きくするかでこの痛みの程度は変わってきますが、胸を切り開いてバッグを挿入する以上必ず痛みは伴うようになります。

バッグ挿入豊胸手術の痛みはアフターケアで変わる

バッグ挿入による豊胸手術の痛みは必ずと言っていいほど伴うものです。しかしアフターケアをきちんと行うか行わないかで痛みの程度が変わってくるものでもあります。
バッグ挿入手術後、3日から5日は絶対安静にし、抜糸が終わるまでは外出や仕事も控えたほうが痛み軽減につながります。
抜糸後からマッサージを行うようにし、2週間くらい経つと腫れや痛みも落ち着いてくるので、それから下着などを着用するようにしましょう。
1か月くらい経つと状態が安定してくるようになります。術後1か月以内のこのアフターケアがその後の痛みを左右すると考えても過言ではないので、しっかりとケアするようにしバストや皮下組織に無理がかからない生活を送ることが肝心です。
クリニックなどではしっかりとアフターケアを行ってくれるので医師に相談しながら自宅でもケアを行っていきましょう。痛みがあまりにも強い場合には痛み止めの追加処方もお願いするようにしましょう。

 豊胸手術のできる美容外科

様々なお悩みを解決する豊富なプラン
プロフェッショナルスタッフが完全サポート
最新の豊胸術でこだわりのバストラインへ!

みんなの口コミ評価
  8.1ポイント
みんなの口コミ評価
avatar
よしこ
よしこ

シリコンとか入れると違和感があるんじゃないかと思っていたんですが、自分の脂肪を入れる方法があると知ってインターネットで調べてピュアグラフトの存在を知りました。
カウンセリングで実際に話を伺うと間違った認識をしていたんだと知りました。
術後1週間くらいは太腿の痛みがちょっとつらかったですが、大きくなった胸を見れば痛みなんか吹っ飛んじゃいます(笑)
下着を買うのが楽しいです!施術してよかったです。