豊胸手術口コミ.net | 豊胸手術クリニックの 体験口コミランキングサイト

 豊胸手術費用の相場

豊胸手術によってバストアップを図りたい、と思う人が、一番気になっているのは「費用」ではないでしょうか?果たしてどれくらいの費用で豊胸手術を受けられるのか、また、その相場を知っておかないとボッタクリなどされたらたまりません。そこで今回は、豊胸手術の相場について解説していきます。

豊胸手術は方法によって大きく異なる

豊胸手術の相場の話の前提として、豊胸手術には大きく分けて「ヒアルロン酸注射」「脂肪注入」「シリコンバッグ」の3種類が存在します。それぞれの方法毎に費用相場も大きく異なるということを、まずは念頭に置いておいてください。また、どの方法であっても審美性の強い自由診療であるため、健康保険を適用することはできません。つまり、手術費用は全額負担となる点にも注意が必要です。

ヒアルロン酸注射の相場は?

ヒアルロン酸注射の相場は、注入量100ccあたり10万円~40万円の費用相場となっています。最大で4倍もの費用の差が開いてしまうのは、注入するヒアルロン酸の質に大きく左右されています。高品質なヒアルロン酸ほど持続期間が長いといった特徴があり、値段が高くついても豊胸効果の期間の長さによってコストパフォーマンスが良くなることが多いです。

最も手軽な方法として、豊胸手術でも大きなシェアを誇るヒアルロン酸注射ですが、その質感は脂肪注入に比べると大きく劣ると言えます。しかし、そんなヒアルロン酸注射も、注入するヒアルロン酸の品質によって、同じ量を注入しても手術の仕上がりが大きく違ってくるのです。各美容クリニック毎に、注入できるヒアルロン酸の種類を選べたり、施術のコースが豊富に用意されているところもあります。また、注入量の最低単位もクリニック毎に異なり、1cc単位で注入できるところから50cc、100ccの単位での注入になるところもあります。

3種類の方法の中では最も費用相場が安くなっていますが、ヒアルロン酸の場合は最終的にそのほとんどが体に吸収されてしまいます。他の手術に比べて永続性が少ないので、継続的にバストアップを行う場合には最終的には費用がかさむリスクも考えられます。

脂肪注入の相場は?

脂肪注入における相場は、更にその方法によって大きく異なります。豊胸手術における脂肪注入には、大きく分けて更に3つの種類があるのです。
まずは「ピュアグラフト」、これは吸引した脂肪から不純物を取り除いてバストに注入する方法で、吸引と注入の費用を合わせて80万円~100万円の費用がかかります。

次に「セリューション」は、吸引した脂肪から不純物を取り除くまでは一緒で、その後、不純物の取り除かれた脂肪の半分から「幹細胞」を抽出し、それを残りの半分の脂肪に加えて注入する方法です。より定着率が高くなりますが、費用相場はピュアグラフトの2倍ほどの料金となっています。

最近では、吸引した脂肪を濃縮する「コンデンスリッチ法」という方法も開発されており、この方法ではセリューション並みの高い定着率を持ち、ピュアグラフトの1.5倍程度の費用に抑えられています。しかし、比較的新しい技術であるがゆえに、全ての美容クリニックで利用できるわけではないのが欠点です。

シリコンバッグの相場は?

シリコンバッグ挿入による豊胸術の相場は、40万円~120万円の費用相場となっています。ヒアルロン酸注射と同じように、挿入するバッグの品質によって費用も大きく変動します。

最近主流の「コヒーシブシリコンバッグ」の場合だと100万円前後の費用がかかります。生理食塩水のバッグの場合は40万円程度の費用で落ち着くことも多いのですが、破損時のバストの形の変動のリスクが大きいのがデメリットです。また、バッグの入れ替えの際にも手術が必要になるので、その際にも費用がかかります。さらに、挿入中のシリコンバッグが交換を行う美容クリニックのものでない場合には、同じクリニックでの場合に比べて最大で2倍ほどの費用がかかります。

 豊胸手術のできる美容外科

様々なお悩みを解決する豊富なプラン
プロフェッショナルスタッフが完全サポート
最新の豊胸術でこだわりのバストラインへ!

みんなの口コミ評価
  8.1ポイント
みんなの口コミ評価
avatar
よしこ
よしこ

シリコンとか入れると違和感があるんじゃないかと思っていたんですが、自分の脂肪を入れる方法があると知ってインターネットで調べてピュアグラフトの存在を知りました。
カウンセリングで実際に話を伺うと間違った認識をしていたんだと知りました。
術後1週間くらいは太腿の痛みがちょっとつらかったですが、大きくなった胸を見れば痛みなんか吹っ飛んじゃいます(笑)
下着を買うのが楽しいです!施術してよかったです。